2012年5月21日月曜日

白日会関西展オープニング レセプション

5月19日オープニングレセプションに中山忠彦白日会会長が来られました。

前日までは金沢日展のオープニングに行かれていて挨拶、今日はこちらに来られて挨拶。

連日超多忙で、よく絵を描かれる時間があるものだとそれに体力も相当なものだと感服させられます

近鉄阿倍野百貨店は2年後には300メートルの西日本最高のビルに生まれ変わるべく目下工事中  
上を見上げると着々と進んでいる様子ですが今はまだ30階位かな

中には素晴らしい美術館も出来るそうで、近鉄百貨店の社長さんが地域のみならず多くの人に夢を与える白日会の展覧会を是非続けて欲しいという言葉に皆大喜び

関西支部の池田先生が白日会に入られた20数年前は今からは考えられない程で、会員が10数名しかいない小さい会だったそうです

またある画商さんはフレンドリーで上下の無い風通しの良い芸術の会はここだけですねと

嬉しいです