2012年5月6日日曜日

楽志って?


有名な「空飛ぶ阿闍梨さん」世界宗教者会議を初めて計画実行された故山田恵諦天台座主の書です

先月、比叡山巡拝100回めを19年かけて達成された方が頂かれた色紙に書いてあった言葉

楽に志を持つ 楽しんで志を遂行する  志を持ったら楽になる 等いずれの意味でもないそうです

楽という意味に望むという意味はがあるんだそうで、苦しくても志を常に持って、それを望んで努力していれば、いつかそれが苦しみでなく,楽しみに変わる日が来るという意味ですって

自分に厳しい人にだけ当てはまる言葉でしょうね。 奥深い言葉です