2014年7月22日火曜日

こども絵画クラスの準備

明日のこども絵画クラスに使う色紙に準備 

山ほど沢山の種類がある和紙の中から発色の良い物を探し出してポスターカラーを塗って作りました

昔からあるポスターカラーは値段が安くて使い便利がいいです アクリルガッシュは高くて直ぐに固まるので、堅牢ですが、この場合私達には使いにくい材料です 

小学生と幼稚園なのである程度手で裂いておきました それをさらに生徒さんに好きなように手で裂いてもらって画用紙に貼ってもらいます

やはり和紙の感触と発色は暖かいです 画用紙は表面に色が載るだけですが、和紙は厚みのなかの複雑にからまった繊維に色が3次元的に浸透していくので 3次元表現といわれますが、確かに色に奥行きを感じます

また手で裂いたものには偶然性もあって意図しない面白さも発見できます   

子供の頃に感じておいて欲しい感触の一つですね