2013年4月21日日曜日

デッサンの基礎


京都の大学に通われてる3回生の方のデッサン  

就職に役立てたいとix art labに来られて、初めて描かれてから3枚めの作品です

石膏の六角柱です この六角柱をしっかりと遠近法にのっとって描くのはかなり難しいのですが、少しアドバイスしながら描きすすめられて、3枚目ながらかなりいい感じに描かれました

四角い面の遠近や、円の遠近は基本となるので、一目で狂いがわかるまでにはやはり何度も練習するしかないですね

最初は形がなかなか採れないので皆さん測ったりして描き進めますが、一番大切な事は測って描くことより、「なんかちょっと違うなあ、、、」とか「もっとここが描きたい」「ここから見た光が綺麗やん」と感じる心です

現実的には、特に楕円の形は綺麗な楕円になるまで、かなりの目と腕の訓練が必要です ね