2014年6月26日木曜日

写仏画クラス 伊舎那天 

月2回開催の写仏画クラス 生徒さん達2枚ずつ東寺の国宝十二天の模写に励んでられます

生徒さんの描かれている途中の伊舎那天の作品。伊舎那天は身体は緑色をして北東を守る神です

目が3つ 右手に三鈷戟 左手に血の入った杯を持って、首にどくろの首飾りをしてるのもあり、これは迷いや欲望を絶つため、人生の無常さや身のはかなさを悟らせるためと言われています
この生徒さんはix art labに来られて丁度1年になられますが、お習字を子供の頃から18年間されていたそうでさすがに描かれる線には目を見張る強さがあります 

火炎光も本当に「火」が燃える感じが良く描けています